teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


■第25回「夕涼みマラソン大会」-3

 投稿者:yuu  投稿日:2017年 8月20日(日)14時00分49秒
返信・引用
  ■第25回「夕涼みマラソン大会」-3
・この暑い中のマラソンのハーフは14:30からハーフのスタートしました。これは辛いと思いました。暑さは体調で、特にモチベーションを落とします。今回も写真も逆光でうまく撮れませんでした。「自分との戦い」と思いました。
 
 

■第25回「夕涼みマラソン大会」-2

 投稿者:yuu  投稿日:2017年 8月20日(日)13時50分21秒
返信・引用
  ■第25回「夕涼みマラソン大会」-2
・14:30からハーフのスタートです。この参加者は北海道マラソンを狙っている人です。10kmもそのプチトレーニングであることは明白です。
この大会は「練習会」と位置づけるほうが良いと思います。暑さになれることと距離になれることです。今回も写真も逆光でうまく撮れませんでした。
 

■第25回「夕涼みマラソン大会」-1

 投稿者:yuu  投稿日:2017年 8月20日(日)13時38分29秒
返信・引用
  ■第25回「夕涼みマラソン大会」-1
・この大会「夕涼み」というけれど、一度も「夕涼み」と感じたことはありません。当日も30℃くらいになっていましたので、かなり「暑い大会」で気持ちが折れます。で、そのことを踏まえて、今回は5kmで参加。5kmなら何とか走れるというのと、先日故障した「ハム」の不調で、痛みが残っているからです。写真も逆光でうまく撮れませんでした。
 

■「ゼビオ・ランニングクリニック」in太平

 投稿者:yuu  投稿日:2017年 8月20日(日)13時26分40秒
返信・引用
  ■「ゼビオ・ランニングクリニック」in太平
・8月19日のゼビオ・ランニングクリニックに参加してきました。朝から暑いです。2℃の気温の中での製品説明とランニングです。この暑さは12時には30℃にはなっていたでしょう。
百合が原公園を5km走って終了しました。これ以上走ると、熱中症になること確実。走っている時も「ハムの傷み」があり、途中5kmで辞めて正解でした。
 

■「タイムより大切なもの」

 投稿者:yuu  投稿日:2017年 8月12日(土)05時59分20秒
返信・引用
  ■「タイムより大切なもの」
・我々市民ランナーはタイムだけを求めてはいません。タイムだけだったら、当然、ランニングなんてしませんよ。どうせ最悪はわかっているのだから。「タイムを狙うなら実業団へ行け」ということ。ランニングにはタイムより大切なものがある。スポーツを心から愛せるのは、充実感とか気持ちの切り替えができる、健康的になれるという大きなメリットがあるからです。でも向上心があるから少しでも早く良いペースでとなりますし、関門を突破できないと、公道を借りている上で迷惑をかける。だから、関門という時間を設定しているわけです。
それをクリアし、自分の楽しみとなるランニングが目的ですね。タイムは二の次です。
 

■結果はさんざんでしたが・・・良い気持ち

 投稿者:yuu  投稿日:2017年 8月12日(土)05時42分43秒
返信・引用
  ■結果はさんざんでしたが・・・良い気持ち

・結果は1時間33分と非常に悪いものでしたが、結果狙いが目的ではないので、納得しています。
ただ、遅くなったので、「豚汁」は奇跡的に最後の1杯となっていて、大抵がこんな感じです。

お楽しみの景品や提供されるトン汁とかは、ゴールが遅いと全て消えているという経験もあり、楽しむなら、一つ前の短距離にしておく方が良いとおもいます。
今回もそんな感じでした。
多分、12kmでは最悪のタイムで、初期の頃に戻ったタイムのような気がします。

ただ、トン汁が欲しいという気持ちより、やはり長い距離を制限時間内に走りきったというところに力点を置いているので、無ければなしでもいいんですが・・・・・。それが本音。
 

■「森林スポーツフェスタ in おたる」の感想

 投稿者:yuu  投稿日:2017年 8月12日(土)05時19分37秒
返信・引用
  ■「森林スポーツフェスタ in  おたる」の感想

・会場は送迎バスでしか行けないので、会場内に一体感がありスタッフ皆さんが盛り上げようとしていたのが印象的でした。
レースは事前のコース高低図以上にアップダウンがあり、トレイルとはいっても3割程度だったでしょうか?
でも、トレイルの感触、下り坂の疾走感…とにかく楽しかったです。
最後の上りは心が折れそうになりましたが、スタッフや沿道の応援で何とかゴールできました。
全体的にエコな大会を目指しているコンセプトも素晴らしく、いろんな景品をもらうことができました。今年はマラソン用リュクサックでした。
 

12キロほどの距離での舗装路なのでトレランでは無いと思いますがほぼ坂道です。最初の下り坂を飛ばしすぎたせいでその後の登り

 投稿者:yuu  投稿日:2017年 8月12日(土)05時00分0秒
返信・引用
  12キロほどの距離での舗装路なのでトレランでは無いと思いますがほぼ坂道です。最初の下り坂を飛ばしすぎたせいでその後の登りが地獄でした。大会後の抽選会がとても楽しく賞品も良いです。  

■迫力ある和太鼓

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 8月12日(土)04時50分18秒
返信・引用
  ■迫力ある和太鼓
・森林スポーツフェスタ in 小樽 で行われた「和太鼓」はとても心に響くものでした。
結構、いろんなマラソン会場でやっているのをみましたが、誰でもわかるイベントとしての意味と和太鼓だけでも音楽が作れるというところに関心します。
 

■「森林スポーツフェスタ 小樽」の4

 投稿者:K  投稿日:2017年 8月11日(金)22時02分45秒
返信・引用
  ■「森林スポーツフェスタ 小樽」の4

・この大会ではじめての「和太鼓」演奏で歓迎されました。北海道中央バスの職員で構成されているらしいですが、良い歓迎を受けました。
 

レンタル掲示板
/423