teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


■ひまわりの里(ひまわりまつり:毎年7月中旬~8月下旬)

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 7月23日(日)16時26分7秒
返信・引用
  ■ひまわりの里(ひまわりまつり:毎年7月中旬~8月下旬)

 毎年20万人以上の観光客の方にお越しいいただく、北竜町を代表する観光スポット。
シーズン期間中の7月中旬から8月下旬までは、毎年“ひまわりまつり”を開催しており、23haの広大な畑に150万本ものひまわりが咲き誇る様は圧巻の一言。約30種類もの世界のひまわりを鑑賞することのできる世界のひまわりコーナー、ひまわりで作られた巨大な迷路、飲食や買い物を楽しむことのできる観光センターなども併設。レンタサイクルもありますので広い里内も楽々巡ることができます。また花火大会など日毎の様々なイベントも催されています。・・・が
今回はひまわりがあと1週間後とのことです。
■北竜町という名前からでしょうか・・・・・「竜」がひまわりの里の横にどっしりとたたずんでいた。
 
 

■北竜町の北商ロードレース-4

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 7月23日(日)16時12分0秒
返信・引用
  ■北竜町の北商ロードレース-4

・レース中の完走・記録証はなく、掲示板をみてくれとのこと。ただ、参加賞はお米やラングlルズ、Tシャツと参加費用を超えるものをいただきました。
 

■北竜町の北商ロードレース-3

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 7月23日(日)15時43分54秒
返信・引用
  ■北竜町の北商ロードレース-3

・7月23日は通常より1ヶ月はやく開催されたわけですが、レース中の気温が30度を超えていました。大変厳しいコンディションでした、特に、給水ポイントが往路2Km付近と4Km付近ですが、今日の暑さでは不足でした。そのまま通過したら脱水状態間違いなし、夏のレースは常にベストの状態でのレースができないです。
 

■北商ロードレース大会の歴史について

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 7月23日(日)15時26分23秒
返信・引用
  ■北商ロードレース大会の歴史について

 「北商ロードレース大会が始まったのは、1965年(昭和40年)。
当時の北竜町商工会・小松義雄 会長の「マラソン大会で青年に夢を与えたい」という想いからスタートしました。
 「北商」という名前は、開催当初の主催者が「北竜町商工会」であったことから、組織の略称である「北商」を使ったことが由来です。現在は、2002年(平成14年)より、北竜町町体育協会が主催していますが、由来を重んじて、名前を継承しています。
 当時のコースは、北竜町から妹背牛町、秩父別町を通る約16kmのコース。その後、国道275号沿いを走り、沼田町で折り返すコースに変更され、1973年(昭和48年)に日本陸上競技連盟の認定コースになりました。全国から有カランナーが集結し、1995年(平成7年)の大会では、500人が参加。
 しかし、2003年に交通安全上の問題で、コースがひまわりの里に変更となり、ひまわりの里や田園地帯を走る市民マラソン大会へと変わりました。
 2014年(平成26年)には半世紀という記念すべき50回目を迎え、全国から480名が参加しました。副賞は、北竜町民が心を込めて栽培する「ひまわりライス『ゆめぴりか』」10kg。
 2015年(平成27年)第51回より、計測チップを採用。計測体制にも力を入れています。
 2017年(平成29年)第53回より、ハーフマラソン、小学生の部、中学生の部が追加になりました。
 日本の米どころ北竜町の大地を、初秋の北海道の風を胸いっぱいに吸い込んで爽快に走る大会です。 」との案内でした。
今回からハーフがあったわけですが、この暑い中では私は無理です。
暑さ対策できていないと、駄目です。
北商ロードレースは北竜町ひまわり観光センターの脇で行うので、食事も買い物も便利です。
 

■第53回 北商ロードレース

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 7月23日(日)15時09分7秒
返信・引用
  ■第53回 北商ロードレース
・昨年は中止となった北商ロードレースに参加しました。今日はとにかく暑い、30℃を超えている。走る気力もない。ペースがどんどん落ちる。暑さに弱い自分が情けなくなる。完走はしたものの最悪タイム。泣きたくなる。
 

■新しい「ランニングコース」発見

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 7月23日(日)00時30分37秒
返信・引用
  ■新しい「ランニングコース」発見
・ここは1周1,7kmくらい。子供たちも多いが、走れる場所で、トイレも給水もOkです。


百合が原公園



約6400種の花々が季節ごとにお出迎え。花園を周遊列車が走る憩いの公園


約25.4haという広大な敷地を持ち、6400種類ほどの花や植物が育てられている公園。園内には世界中から集められた約100種のユリを観賞できる「世界の百合広場」や、札幌の姉妹都市である4都市の造園家が協力した「世界の庭園」など、様々な工夫を凝らした花壇や庭園が広がる。時期によって見ごろの花が変わるので、初夏から降雪までの間は行くたびに違った花々と出会えそうだ。ぜひとも体験していただきたいのは園内をゆっくりと巡る列車の「リリートレイン」。車内から四季折々の花々を観賞できる。パークゴルフ場や百合根を使ったメニューのあるレストランも人気。
 

■[北斗の森」というんんだ。厚別公園競技場横の補助練習場を。

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 7月23日(日)00時19分59秒
返信・引用
  ■[北斗の森」というんんだ。厚別公園競技場横の補助練習場を。

・「北斗の森」とは意外。毎回計れるコースである。1周=600m。あとは白石ココロードくらい。近く、給水、トイレがある、時間にとらわれないところという点では一番。
 

■厚別公園競技場横の練習場

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 7月23日(日)00時11分51秒
返信・引用
  ■厚別公園競技場横の練習場

・ここが今、私の1周毎計れるコースである。あとは白石ココロードくらい。近く、給水、トイレがある、時間にとらわれないところという点では一番。
 

■走れることは良いことだとつくづく思いました。

 投稿者:HN  投稿日:2017年 7月20日(木)07時58分5秒
返信・引用
  ■走れることは良いことだとつくづく思いました。
・昨日の夜ランは真面目に5kmを走ることが出来ました。脚の付け根の「肉離れ」で「歩くしかないのかな・・・」と厚別講演競技場の横のコースを走ると、一応、7分/km位でトータル35分で走れました。とても良かった。走れるって良いことだとつくづく思いました。最近、走るのは無理なら「自転車」に変えようかと思っていましたので、5kmを真面目に走れたのは嬉しかった。最近、エイジングを感じるようになり、やや悲観的になっていたもので・・・、使える身体が嬉しかった。
 

■狩勝サマーロードレース大会・・・その4

 投稿者:s/s  投稿日:2017年 7月17日(月)14時37分5秒
返信・引用
  ■狩勝サマーロードレース大会・・・その4

・今回も暑い日のレースで参りました。走るというより歩きに似た走りになり、なおかつ、肉離れで無理が利かなかったのですが、フルマラソンの4分の1の「クオーター」(約10.5キロ)が一番多いし、8分の1の「ワンエイツ」(約5.3キロ)も50名くらい、小中高校生を対象にした学年別の種目はほどほどのような気がした。
 

レンタル掲示板
/419