teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:197/1060 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

わくライナー乗ってきました

 投稿者:MIDSS  投稿日:2015年 9月23日(水)22時54分5秒 KD121108073086.ppp-bb.dion.ne.jp
  通報 返信・引用
  先日書き込みした「わくライナー」を使って氷見線~のと鉄道を乗り継いできました。

高岡9:45発の535Dに乗り氷見には10:15着。
氷見駅の改札を出て左手のバス停にて、氷見市の市街地周遊バスに乗り、
ひみ番屋街(氷見漁港の場外市場)へ。
このバスは日曜祝日は氷見駅とひみ番屋街を往復しますが、
平日は循環路線となっており、右回りと左回りの両方があります。
氷見駅→番屋街なら左回り、番屋街→氷見駅なら右回りが早く着くルートです。
午前中を中心に氷見線と接続するダイヤ設定になっているようです。

10分の接続でバスは発車し、商店街を抜けひみ番屋街へは10分少々で到着。

目的のわくライナーの時間には1時間ほど余裕があったので、ひみ番屋街をぶらり。
シルバーウィークということもあって(来訪日は9/21)、人でごった返す盛況ぶり。
せっかく氷見に来たのでとれたての海産物で早めの昼食を、と思っていたのですが
10時半の段階で店外に行列ができており、時間が読めなかったので断念。

定刻より2・3分遅れで来たわくライナーに乗り込み七尾へ。乗客は自分含め5人ほど。
11時50分過ぎに発車したわくライナーは道が空いていることもありほぼ定刻通り
七尾駅前に到着。乗車時間は30分ほどでした。七尾からは13:11発の穴水行きに
乗車、無事接続できました。運賃は氷見~七尾で800円でした。

このわくライナーですが、10/1から期間限定で発売される「北陸トライアングルルートきっぷ」
で乗車可能です。七尾線・氷見線・城端線、IRいしかわ、あいの風とやま(倶利伽羅~高岡)、
のと鉄、そしてこのわくライナーが乗車できるので、北陸乗りつぶしの際ひとつの選択肢になると思います。
 
 
》記事一覧表示

新着順:197/1060 《前のページ | 次のページ》
/1060