teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


フェブラリーS

 投稿者:でんきくらげ  投稿日:2018年 2月18日(日)12時36分43秒
返信・引用
  2月18日フェブラリーS
○キングズガード
△ゴールドドリーム、テイエムジンソク、サンライズノヴァ、ノンコノユメ
人気のゴールドドリーム、テイエムジンソクが有利な外枠を引いているので、
よいレースではないが、買ってみたいのはキングズガード。
前走根岸Sはややスタートが悪く、ハイペースの内を進んで伸びなかったが、
2走前、3走前では1800Mで速い上がりを出しているので、
前半ゆっくり入って差し込む競馬を時代。
相手は力量上位のゴールドドリーム、テイエムジンソク。
レコード勝ちの反動が心配もサンライズノヴァ、ノンコノユメ。
 
 

共信京記

 投稿者:そうん  投稿日:2018年 2月11日(日)13時51分42秒
返信・引用
  ◆共同通信杯
◎サトノソルタス
○アメリカンワールド▲グレイル
雨上がりで内優位だが今回開催はパワーかかる。
新馬で不良を経験し堀ムーアのサトノソルタス。
相手は関西未勝利圧勝のサドラー系アメリカンワールド。不良勝ちあるグレイルは大外の分買いにくい。

◆京都記念
◎クリンチャー
○モズカッチャン▲レイデオロ
雨断続的でかなり重厚さが問われる重馬場。2400以上の良績が必要に。
菊花賞のダメージ抜けてそうで前で耐える展開ならクリンチャー。
重のハービンでも前でデムーロのモズカッチャン。
代打バルジューのレイデオロは血統的には悪くなさそうだがわからん。
 

東新如月

 投稿者:そうん  投稿日:2018年 2月 4日(日)13時49分4秒
返信・引用
  ◆東京新聞杯
◎リスグラシュー
○アドマイヤリード▲サトノアレス△ハクサンルドルフ
雪の影響でタフなのかラスト1Fで追い込めなく外差しには厳しい馬場。
斤量重いが出遅れてもある程度の位置を確保できる力いる馬場で強いハーツのリスグラシューから。
相手は鞍上不安だが内を突けそうなマイルG1馬、中を突ければハクサンルドルフ。

◆きさらぎ賞
◎グローリーヴェイズ
○カツジ△サトノフェイバー
昨日からディープが外差しできるようになったので末脚重視だが
ダノンマジェスティは松若が真っ直ぐ走らせられるか怪しいし新馬のレベルも疑問。
地力問われる中京マイルで追い込んだデムーロのグローリーヴェイズが本命。
デ杯も低くはないのでカツジが次。サトノフェイバーは逃げればキャリアのなさを補える。
 

根岸S、シルクロードS

 投稿者:でんきくらげ  投稿日:2018年 1月28日(日)09時41分45秒
返信・引用
  1月28日シルクロードS
○セカンドテーブル
△グレートチャーター、ファインニードル、アレスバローズ、ダイアナヘイロー
本命はセカンドテーブル。
内枠と先行できる点が魅力。
前走や、昨年のこのレースでも決して展開に恵まれているわけでもなかったのに好走している。
骨折明けで人気が下がるここが狙いとみる。
2番手はグレートチャーター。前走は脚を余した。積極的なジョッキーで前に行ければ好走できる。
あとは内枠のファインニードル、スタートが心配だがアレスバローズ。
ダイアナヘイローは人気ほどは思わないが、切り捨てるほどではない。
他、内枠の馬に注意する。

1月28日根岸S
○ノンコノユメ
△ブラゾンドゥリス、カフジテイク、サンライズノヴァ、キングスガード
本命はノンコノユメ。前走はスローペースもあったが、久々の前々走で速い上がりを使った反動も出たとみる。
東京1400Mダートで有利な外枠からの差し込み期待。
2番手はブラゾンドゥリス。
内枠はあまりよくないが、前走は外枠有利の流れで内から突っ込んだ。
期待値が高い。
あとは人気のカフジテイク、サンライズノヴァ、キングスガード。
 

京成日経新春

 投稿者:そうん  投稿日:2018年 1月14日(日)14時06分48秒
返信・引用
  ◆京成杯
◎コズミックフォース
○デルタバローズ▲ダブルシャープ
パワー差しできそうなのを。
大外ジェネラーレウーノは物見するそうだし逃げられないと危うそう。

◆日経新春杯
◎モンドインテロ
○パフォーマプロミス▲サンタフェチーフ
ミッキーロケット今年はトップハンデの延長で?
サンタフェチーフが格上挑戦で反応するかはわからん
 

金杯

 投稿者:そうん  投稿日:2018年 1月 6日(土)14時29分20秒
返信・引用
  遅くなりました。今年も金杯からよろしくお願いします。

◆中山金杯
◎セダブリランテス
○ダイワキャグニー▲ウインブライト△マイネルミラノ
ミラノ単騎濃厚で前の重ハンデ勢でそのまま。
福島重賞勝ちあってブリ産駒でこの時期向きのロベルト入っている唯一短縮セダが安定しそう。
キャグニーはそこまで右回りダメなのかな。

◆京都金杯
◎ダノンメジャー
○レッドアンシェル▲ウインガニオン△マイネルアウラート
こちらも例により前を狙う。ダノンメジャーは久々に逃げられそう。
マイルCSは前厳しくウインガニオンも右回りで人気落としてるのなら。内枠では冬向きのアウラート。
 

東西金杯

 投稿者:でんきくらげ  投稿日:2018年 1月 6日(土)13時35分19秒
返信・引用
  本年もよろしくお願いいたします。

土曜京都最終はキャンディバローズ。
前走は内枠の先行馬には苦しい馬場だった。今回は開幕週の内から先行したいところ。
2番手はノーブルルージュ。好位に付けて差し込みたい。

1月6日中山金杯
○マイネルミラノ
△レアリスタ、ウインブライト、セダブリランテス
本命はマイネルミラノ。
外枠だが、ここは先行馬が極端に少ないし、2番手に付けそうなダイワキャグニーが右周りに不安を残しているだけに楽な展開も期待できる。このレース相性よいステイゴールド産駒でもある。
2番手は内枠よいレアリスタ。
距離延びてよいステイゴールド産駒だけに、過去の右周りの戦績が不安でも期待値はある。
あとは内枠も力量上位馬のウインブライト、母父ロベルト系がよいセダブリランテス。

1月6日京都金杯
○ダノンメジャー
△レッドアンシェル、マイネルアウラート、ラビットラン、アメリカズカップ
本命はダノンメジャー。前走マイルCSは内枠の先行馬には厳しい馬場だった。
また、前々走も枠が不利だった。
今回は開幕週の内を先行したい。
相手はレッドアンシェル。先行できる点がよく力量も上位。
あとは内枠の先行馬マイネルアウラートに内枠ラビットラン、アメリカズカップ。
外枠の有力馬はおさえ
 

ホープフルS

 投稿者:でんきくらげ  投稿日:2017年12月28日(木)12時44分13秒
返信・引用
  12月28日ホープフルS
○シャルルマーニュ
△ステイフーリッシュ、リュヌルージュ、タイムフライヤー、フラットレー
本命はシャルルマーニュ。
前走東スポ杯で厳しい流れを先行してよく粘った内容を評価。
また、ヴィクトワールピサ産駒で中山に替わるのは歓迎。
2番手はステイフーリッシュ。
1戦しかしていない馬だが、ステイゴールド産駒なら、相手が強くなる流れでも力を出せる。
あとは人気薄だが、リュヌルージュ。
阪神多頭数で勝ってきた点と母父メジロマックイーンで長く脚を使えそうなところを評価。
人気馬では母父ブライアンズタイムで中山よいタイムフライヤーと前走不利があったフラットレーを。

阪神最終はファイナルSはペスカネラとスマートカルロスを予定。
ここは前に行く馬が少なく、共に1400Mへの延長で前に行きたい。

以上です。
今年は夏から秋はよかったですが、その他はそれほどでもなかったです。
来年も金杯からがんばります。

よい新年とよい2017年最終日を祈っております。
 

有馬

 投稿者:そうん  投稿日:2017年12月24日(日)13時58分1秒
返信・引用
  ◆有馬記念
◎サトノクラウン
○ミッキークイーン▲キタサンブラック△ヤマカツエース
今週は時計が掛かり日曜は内も走れなくなってきた。中山2500といえども内枠有利ではなさそう。
パワー型で追走スピードの足らないサトノクラウンが巻き返せないか。JCはあまり緩まない流れで外回って力尽きてしまった。
武も今回はJCで負けて5歳3戦目で疲労厳しいだけに強気な流れにはできないから中盤緩むはず。
血統イメージとは違い小回りタフでも外追い込んでくるミッキークイーンが相手。
ヤマカツエースは昨年の勢いはないが疲労はない。キタサンはこの秋2戦は少しセーブしてきただけに抑える。
ハーツ産駒は絶好条件馬場の府中から中山では辛い。ステゴでもレインボーラインは広いコース向き。
 

有馬記念

 投稿者:でんきくらげ  投稿日:2017年12月24日(日)12時17分55秒
返信・引用
  12月24日有馬記念
○サトノクラウン
△サクラアンプルール、レインボーライン、キタサンブラック、スワーヴリチャード
本命はサトノクラウン。タフなレースに強く、実際に宝塚記念と天皇賞秋で好走。
前走凡走で力を出しきっていないところも疲労面を考えるとよい。
今の中山は単調な流れなら内枠が有利だが、タフな馬場になれば外からも差し込めるだろう。
2番手はサクラアンプルール。
中山よいキングカメハメハ産駒で鞍上もこのレース得意。
あとはやや疲労心配もある程度前に行ければのレインボーライン。
キタサンブラックは2シーズン目の古馬中距離戦線を戦うのは少し疲労面で不安。
スワーヴリチャードは右回りと外枠は人気を考えると不安も、疲労なく勢いある。
シュヴァルグランのようにジャパンCで人気より走ったタイプは有馬では苦戦の傾向。
評価を下げておさえまで。
 

レンタル掲示板
/85